第二次世界大戦で活躍した、アメリカ軍のスチュアート戦車(系列も含む)オンリーのモデラーサイトです。
当Blogについて | 御賛同者名簿 | 御連絡 | 情報(国内キット) | 情報(外国キット) | 情報(ヨーロッパ戦線) | 情報(アフリカ戦線) | 情報(太平洋戦線) | 情報(その他戦線) | その他 | 
リンク
  
スチュアートギャラリー
  
スチュアート情報
スチュアート戦車を偲ぶ会
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

時見居

Author:時見居
性別・男
誕生日 1966年。
月日は「バルジ大作戦」決行日
血液型・B型
星座・いて座
職業・食品製造業
出身地・関西南部

コメント
トラックバック
月別アーカイブ
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.08.31 Mon
当Blogについて
●「スチュアート戦車を偲ぶ会」 とは?

 私の、個人的な思い入れが始まりでございます・・・。
 皆さんは、自身が最初に製作したキットを覚えておられますでしょうか?

 記憶とは曖昧なモノ・・・。
 時が経てば、全ては忘却の彼方に・・・。
 ですよね?
 でも私、かろうじて覚えています。
 当方一応、AFVモデラーのはしくれなんですが、
 そんな私が最初に製作した戦車キット、
 それは・・・。

IMGP0229.jpg


 タミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズNo42の
 「アメリカ軽戦車 M3スチュアート」でした。

 確か、小学校高学年~中学校1年生の頃でした。
 少ない小遣いを握り締め、
 今はもう無き、小さな模型店でアレコレ悩みながら
 でも、結局は予算範囲内のキットにしなければならないと
 冷や汗を流しながら
 店のレジに持っていった戦車キット、
 それが「M3スチュアート」でした。
 自転車を立ち漕ぎしながら、息を弾ませ帰宅し
 夢中で製作した記憶・・・。
 それが、私の戦車→ディオラマモデラーとしての
 始まりだったのでは?
 そう、今現在感じております。
 
 加えて、それは素晴らしいキットでした。
 作りやすいし、塗装もアメリカ軍車輛なので
 あっという間に完成しました。
 リベットだらけの無骨な車体・・・。
 小さな砲塔&背高なフォルム・・・。
 ”不恰好なのに何故か、カッコイイッ!” 
 当時の私はそう、感じました。

 アレからウン十年・・・。
 私はすっかり、オッサンと化しました。
 ですが今も、
 スチュアート戦車は大好きな戦車の1台です。
 ヒヨコが一番最初に見たモノを親と思ってしまう・・・。
 あの感覚に近いのでは?
 なんていう、
 自己分析が可能であります。

 そんな、私の所には今
 いくつかのスチュアート戦車キットのストックがあります。
 本当に、ふとした時にふと作りたくなるんです。
 スチュアート戦車・・・。
 昔も今も、大好きですっ。


●当会の目的は?
 「スチュアート戦車を偲ぶ会」の目的ですが、
 スチュアート好きな人間が集まり、
 キットの披露や、情報交換等が出来れば良いなぁ・・・。
 そんな感じのユルーイ会であります。
 ですから、入会したら必ず作品を発表しなければならないという
 訳ではありませんです。
 好きという思いさえあれば、
 誰でも会員・・・。
 そんな感じであります。


●入会条件は?
   条件を記載しておきますね・・・。
 1. スチュアート戦車が大好きである方。
   なおスチュアート戦車の定義については、
   M1.M2.M3.M5系列と致しますですが、
   少し遠いM8自走榴弾砲や
   M24チャーフィーもOKと致します。
 2. 老若男女問わずです。
 3. 当ページ内での作品やコメント等について、
   不毛な誹謗・中傷・暴言を行わない方。


●どうやって入会すれば良いの?
   まず、当Blog右のリンク内の専用掲示板に
   入会希望の記事投稿を御願いします。
   その際には・・・
 1. ハンドルネーム
 2. 御住まいの都道府県(出来れば全国制覇したいので)
 3. HPまたはBlogをお持ちの方はそのURL
 4. 記事タイトルは ”偲ぶ会入会希望”
 5. 記事の内容には所有するスチュアート戦車の
   メーカー・スケール・キット名を御記入下さい。

   記事投稿を受付次第、
   御賛同者名簿に御入会の旨、登録させて頂きます。


●専用掲示板の利用方法について
   御気軽にドンドン利用して頂ければ、嬉しい限りです。
   なお、画像については、
   以下の扱いとさせて頂きますです。
  
 1.御自慢のキットの画像については・・・
   完成品は勿論、製作中のモノでもOKでございます。
   模型誌・HP・Blog・各種コンテスト等で
   既に発表済のモノでも、OKでございます。
   なお、画像については
   当Blog右のスチュアートギャラリーに掲載させて頂きます。
   ギャラリー掲載不要の際は、
   記事に掲載不要と明記してくださいねっ。
  
   御参考までに、
   キットの画像については、
   以下の仕様で投稿して頂ければ幸いです。
 
   添付画像のサイズ・・・JPEG形式で、
                 サイズは640×480以下で御願い致します。
                 画像枚数は4枚までと致します。
   コメント・・・・・・・・・・・・作品の解説を御記入下さい。
                 見て頂きたい点やキットの感想等、
                 自由に御記入下さい。
                 原則として文字数の制限はありませんが、
                 出来るだけ短く簡潔に
                 宜しく御願い致します。

 2.キットの画像以外については・・・
   キットの画像以外で、
   貴重、もしくは重要と管理人が判断した物は
   当Blog右のスチュアート情報に掲載させて頂きます。
   頂いた貴重な情報を有効活用させて頂く為ですので、
   御理解下さいね。


●会の期限はいつまでなの?
 無期限でございます。


 以上ですっ!
 御閲覧有難うございました・・・。
 どんなもんでしょう?
 御興味が沸かれてきましたか?
 そんな方は是非、
 入会宜しく御願い致します!


 2006年6月18日 初出
 2009年8月31日 サイト移転に伴い、内容訂正
 2010年8月15日 サイトイメージ一新

*注意事項*

・各キットの画像については、
 製作者以外の第三者による画像及び記事の転載、掲載等は堅くお断りします。

・本blog内の全ての情報は、純粋にスチュアート戦車の魅力を楽しむ事を目的として、
 御賛同者及び各種書物等より取り上げております。
 各情報より利益を得るために引用するものでは、決してありません。
スポンサーサイト

当Blogについて    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://stuartlove.blog84.fc2.com/tb.php/3-a5108891

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。